【恐竜の種類】タイプ別で恐竜一覧70選!巨大・空飛ぶ・海泳ぐ!

今から約6600万年前まで…。地球上で最も繁栄していた生物の一つ「恐竜」。ひとくくりに恐竜と言っても、様々な種類の恐竜たちが存在していた。

空を飛ぶプテラノドンや巨大なティタノサウルス、海の恐竜モササウルス、史上最強の人気恐竜ティラノサウルスなど…

様々な恐竜たちを分かりづらい分類ではなく、イメージしやすいタイプ別に分けてピックアップだ!

翼竜や首長竜など分類上は恐竜ではない古生物も混じっているが、ややこしいことは置いといて、今回は便宜上「恐竜」として紹介しよう!    

【翼竜とは】空飛ぶ恐竜?翼竜の種類と生態・最大サイズの謎!

実在した未確認生物!かつてUMAと呼ばれた13の動物たち

スポンサーリンク

目次

最強の肉食恐竜

ティラノサウルス(T-レックス)

ティラノサウルス
T. rex in Sosnowiec.jpg

肉食恐竜の代名詞ともいえるティラノサウルス。体長11-13m、頭部は1.5mという巨体でありながら、前腕が極端に小さいのが特徴的だ。生態については未だに議論が続いており「早く走れなかった説」や「死肉を漁るスカベンジャーだったという説」など、凶暴なイメージを覆す説も多くある。

スピノサウルス

スピノサウルス

全長15-17mと肉食恐竜の中でも最大級の巨体を持つ。背には皮膚の膜が張った帆が付いており、体温の放出などを行っていたようだ。水辺に生息し現在のワニのような食性だったと考えられている。鼻の先には感覚器が存在し、水中の獲物の動きを捕らえる俊敏なハンターだった。

大迫力!スピノサウルスのフィギュア&おもちゃオススメ15選!

メガロサウルス

メガロサウルス

恐竜研究が始まった最初期に発見された恐竜の一つ。恐竜の存在が発見された当初、肉食恐竜はすべてメガロサウルスという同じ種の動物に分類されていたという。その後、研究が進み恐竜にも種類があることが分かった。メガロサウルスは世界中の大陸に生息していた恐竜で、日本でも福岡県で化石の一部が見つかっている。

アロサウルス

アロサウルス
Jakub Hałun

アロサウルスは、ジュラ紀後期の食物連鎖の頂点に君臨した獰猛な肉食恐竜だ。全長は最大で12mに達し、ステゴサウルやアパトサウルスなどの植物食恐竜を襲っていた他、共食いを行っていたことも確認されている。

ギガノトサウルス

ギガノトサウルスは、名前に「ギガ」とつくように、ティラノサウルスなどに匹敵する大きさを持つ肉食恐竜だ。全長は最大13mに達し、頭部もティラノサウルスより大きかった可能性もあるそうだ。しかし、体重や頭骨の大きさなどが人為的に大きく見積もられていたことも指摘されており、今後の研究によっては「実はそこまで巨体ではなかった」ということになるかもしれない。

カルノタウルス

カルノタウルス
Lida Xing・Yi Liu

カルノタウルスは鬼のような円錐状の角を2本持っているが特徴的だ。これほど大きな角のある肉食恐竜は確認されておらず、何のために角が付いていたのかは分かっていない。全長7~9mと最大級の肉食恐竜に比べると大きさでは劣るが、非常に発達した後ろ脚を持つことから、狩りなどの際に早く走ることができたようだ。

アクロカントサウルス

DiBgd

首から背中にかけて神経棘が伸びており、棘に張った皮膚の帆で体温を調整していたようだ。足跡の化石から4頭以上の集団で狩りを行っていたと考えられている。12mを超える巨体でありながら、時速40㎞もの速度で走れたことが分かっている。

ディノニクス

ディノニクス
Nobu Tamura

一見鳥のようにも見えるディノニクスだが、足の先には鋭い鉤爪が付いており、自分よりも数倍大きな恐竜すらも捕食する獰猛な肉食恐竜だ。化石が集団で発見されることから、群れを作って生活していたと言われている。かつては爬虫類のような外見の復元図が作られていたが、恐竜羽毛説が有力となってからは鳥のような姿で描かれることが多くなった。

タルボサウルス

タルボサウルス
Tarbosaurus Steveoc86.jpg

白亜紀後期、現モンゴルに生息していた東アジア最大の肉食恐竜。姿形がティラノサウルスにとても良く似ており、ティラノサウルスの仲間かティラノサウルスそのものではないかという説も存在している。

コモドドラゴン

【コモドドラゴン】毒に単為生殖!人食いオオトカゲがハイスペックすぎる

スポンサーリンク

有名な草食恐竜

トリケラトプス

Nobu Tamura

「 3本の角を持つ顔」を意味するトリケラトプス。名前の通り3つの長い角と後頭部から首に伸びた大きなフリルが特徴だ。口先は鳥のようなクチバシになっており、木の葉や草をクチバシで掴みとって食べていたと考えられている。

ステゴサウルス

ステゴサウルス
Nobu Tamura

「屋根に覆われたトカゲ」を意味するステゴサウルス。化石復元の際、背中の板を亀の甲羅のようなものと考えてしまい「屋根」という名前が付いたらしい。背中の板は体温調節用で尾には4本のスパイクが付いている。脳のサイズがクルミ程度しかないため、長らく「背中に第二の脳がある」とされてきたが、最新の研究では第二の脳があるとされた位置には神経に栄養を供給する器官があったことが分かっている。

パラサウロロフス

パラサウロロフス

体長10mを超える大型の草食恐竜。頭部には複雑な空洞の管を含んだ骨のトサカが付いている。かつては、トサカの管に空気を貯めることで「水中で息を止めるためのタンク説」などが存在したが、現在では「嗅覚器官説・声を出すための音響器官説」などが有力だ。

ニッポノサウルス


1934年、日本領であった樺太半島で発見された草食恐竜。日本で発見されたことからニッポノサウルスと名付けられた。日本人によって初めて研究された恐竜でもある。

トロサウルス

Nobu Tamura

トロサウルスはこれまで地球上に存在したすべての陸棲生物の中で最大の頭部を持つと考えられている。フリルは2.77mもあり、フリルのふちにホーンレットと呼ばれるトゲがあることがトリケラトプスと異なる点だ。ちなみに、復元図ではフリルに目玉のような威嚇用の模様が描かることが多いが、これは単なる想像であり科学的な根拠は無いらしい。

イグアノドン

イグアノドン
Alina Zienowicz

恐竜という生物が地球上にいたことなど誰も知らなかった頃に、イギリスの田舎町に住む医師によって発見されたのがイグアノドンだ。発見された歯の化石の一部が現生のイグアナの歯と酷似していたため「イグアノドン」と名付けられた。言うまでもなく実際にはイグアノドンとイグアナは分類上全く異なる生物だ。

エドモントサウルス(カモノハシ竜)

エドモントサウルス
Nobu Tamura

大きなものでは体長13mにも達する巨大な草食恐竜。ミイラ化した化石が見つかっていることから、皮膚の構造などまではっきりと分かっている数少ない恐竜のひとつ。化石の体内から針葉樹が見つかっていることから、針葉樹を好んで食べていたようだ。

マイアサウラ

マイアサウラ
Nobu Tamura

マイアサウラは、地面に掘った1mほどのクレーター状の巣に卵を産み、生まれた子には餌を運ぶなど、本格的な子育てを行っていた可能性のある恐竜だ。しかし、子育て説への異論も多く上がっており、実際のところは未だ分かっていない。

プロトケラトプス

プロトケラトプス
Nobu Tamura

プロトケラトプスは、トリケラトプスなどが属する角竜の一種でありながら、角が原始的でほとんど無いのが特徴だ。体長も成体で約2mと比較的小さかったことが分かっている。恐竜の中では初めて卵の化石が見つかった種であり、ヴェロキラプトルと戦っている姿の化石が発見され、一躍有名になった。

有毒植物

【触ってはいけない】有毒植物の種類一覧!日本~世界の猛毒植物たち!

スポンサーリンク

巨大な恐竜

ティタノサウルス類

ティタノサウルス類-サルタサウルス

ティタノサウルス類は、アルゼンチノサウルスやサルタサウルスが含まれる巨大な恐竜「竜脚類」だ。ティタノサウルス類の中には、体重は90tを超える者もいたと考えられており、地球史上最重量級の陸上生物だった。

ブラキオサウルス

ブラキオサウルス
Joseolgon

ブラキオサウルスは体長25mを超える巨大な恐竜。「頭頂部に鼻の穴があることから水中で生活していたと考えられていた。」という話は有名だ。長年、世界最大の恐竜と言われていたが、近年になってアルゼンチノサウルスやセイスモサウルスなどの更に大きな恐竜が発見されている。

アルゼンチノサウルス

アルゼンチノサウルス
Nobu Tamura

現在では史上最大級の恐竜と考えられているアルゼンチノサウルス。全身骨格は見つかっていないが、発見された脊椎骨は長さが130㎝にも達していた。このことから全長35‐45mにまで成長した可能性もあると推測されているようだ。ちなみに…アルゼンチノサウルスは、見た目や大きさがブラキオサウルスにも似ているが、ブラキオサウルスたちが絶滅した遥か後の時代に登場した恐竜だ。

ディプロドクス

ディプロドクスは他の竜脚類に比べると若干華奢な体格をしており、体重は10-40t程度だった。長く太い尾はムチのように使うことで天敵を追い払うことができたと考えられており、全力で振り切った場合、尾の先端は音速を超えたとする説もある。

カマラサウルス

カマラサウル
Dmitry Bogdanov

カマラサウルスは、ジュラ紀後期の北米大陸でもっとも繁栄した草食恐竜の一種だ。体長は9-18mと他の竜脚類よりも一回り小さかった。特徴的な大きな鼻孔から熱を排出することで、ジュラ紀の高温な気候から脳を守っていたと考えられている。

マメンチサウルス

マメンチサウルス
Steveoc 86

マメンチサウルスは中国大陸に生息していた最大級の草食恐竜。全長の半分以上を占める長い首は、19個もの頸椎に支えられている。マメンチサウルスに限らず、中国大陸から発見される竜脚類は首が長く進化したものが多いが、なぜそのような進化を得たのか未だ議論が続いている。

【リュウケツジュ】ドラゴンの血を流す樹と古代の秘薬『竜血』の歴史

スポンサーリンク

空飛ぶ恐竜-翼竜

プテラノドン

プテラノドン

恐竜ではなく翼竜というグループに分類されるプテラノドン。恐竜図鑑などに必ず登場する人気の古生物だ。大型の種では、翼を広げたサイズ=翼開長が最大9mにも達する。魚などを捕らえて食べていたことは分かっているが、重いものを掴んで羽ばたくような力はなく、グライダーのように滑空することで陸地から100㎞も離れた海上まで飛んでいけたと推測されている。

プテロダウストロ

プテロダウストロ
Wikipedia

翼開長は130㎝程度とさほど大きくはないが、頭骨長は23㎝と頭でっかちな翼竜だ。口の中には細い針のような歯牙がずらりと並んでいた。1㎝あたり24本、下あご全体で1000本以上に及ぶ細かい歯をフィルターのように使うことで、小さな獲物を濾過して食べていたと考えられている。

ディモルフォドン

海洋性と陸上性のディモルフォドン

ディモルフォドンは、巨大な頭部に大きめの4本の歯牙、棒のような長い尾といったアンバランスな身体を持った奇妙な翼竜だ。歯牙の形状から魚食性との説が有力だったが、飛行能力の低さを考えると「陸上で昆虫や小動物を捕食していたのではないか?」との説が有力視されつつある。生態に関する仮説が多くあるため、上画像のように様々な復元図が存在している。

ケツァルコアトルス

ケツァルコアトルス・ノルトロピ
Mark Witton and Darren Naish

ケツァルコアトルスは、翼開長が最大12mにも達する地球史上最大級の飛翔動物だ。体高は5m以上とキリン並みに大きいが、体重は生態でも70kgほどだったとも言われている。かつては飛行できなかったとの説も存在したが、近年の研究では比較的容易に飛び立ち、約50-60km/hでの飛行が可能だったと証明されている。

ランフォリンクス

ランフォリンクスは翼開長1mほどの中型の翼竜。綺麗に噛み合う歯牙を持っていたことから、魚食性だったことが分かっている。復元図では飛行している姿で描かれることが多いが、水鳥のように水面~水中を泳いで狩りを行っていた可能性も高いとされている。

プテロダクティルス

プテロダクティルスは世界で最初に化石が発見された翼竜だ。鳥のような形でありながらコウモリのような翼を持った奇妙な化石の発見は、当時の古生物学に大きな混乱ももたらしたとされている。鳥類説・哺乳類説・新種説など化石の正体について様々な議論が交わされたが、最終的には「翼竜=飛行性の爬虫類」という形で現在に至っている。

スポンサーリンク

海・川を泳ぐ恐竜

プレシオサウルス

プレシオサウルス
Dmitry Bogdanov

海洋棲爬虫類である首長竜の中でも特に有名なのがプレシオサウルスだ。体長は2-5mと現生のシャチ程度の大きさであるが、全長の半分ほどもある首の頸椎は32個にも達する。オールのような四肢を使い海中を泳ぎ回ることができ、長い首を利用した機動力の高い狩りでは、イカなどを捕食していたと考えられている。

ノトサウルス

ノトサウルス
Nobu Tamura

クロノサウルスやプレシオサウルスなどの首長竜の前身となった偽竜類の一種。首長竜は四肢がヒレ状になっているが、ノトサウルスは水かきのついた陸上生物の特徴を残している。アシカのように半陸半水棲の生活をしていたと考えられている。

フタバスズキリュウ

フタバサウルス
Dick Thomas Johnson

フタバスズキリュウは、1968年日本の福島県いわき市で発見された首長竜の一種。日本で初めて発見された首長竜の化石でもある。当時、高校生であった「鈴木直」氏によって発見され、「面積の小さな日本列島では恐竜の化石はほとんど発見されないだろう」という当時の概念を覆した。

ディノスクス

ディノスクスは白亜紀末期に北米大陸に生息していた世界最大級のワニだ。現在発見されている化石は、保存状態の良い完全な頭蓋骨と脊椎や助骨などの一部だけであるが、頭蓋骨だけでも180㎝もの大きさがある。頭蓋骨から推測される全長は最大10-12mに達する可能性があったと考えられている。

イクチオサウルス


ヨーロッパやアジアなど広範囲に生息していた海洋棲の爬虫類。全長は約3mほどで、イカや魚などを捕食するイルカのような生物であったと考えられている。恐竜よりも前の時代から繁栄していたが、モササウルス類や首長竜の登場により衰退し絶滅することとなった。

リオプレウロドン

Bogdanov

リオプレウロドンは首長竜に分類されるものの首は短く、重厚な体格を持っていた。鋭い牙が並んだ顎は強靭で、強い力で獲物に噛みつくことができたようだ。比較的化石が見つかっていない首長竜であるため、全長については仮説の域を出ないが全長10mを超えるような巨大な個体もいたと考えられている。

ショニサウルス

Nobu Tamura

ショニサウルスは全長20mを超えるとされる巨大な魚竜だ。体は丸みを帯びており、細長い口吻を持っている。かつては背ビレを持った姿で描かれていたが、近年では背ビレがあった根拠がないことから描かれなくなった。

モササウルス

モササウルスはワニのような頭部を持つ最大全長18mの海棲爬虫類。口には強靭な歯が並び、魚類のほかに大型のウミガメやアンモナイトなども捕食していたと考えられている。化石には多くの傷跡が残っていることから同じような海棲爬虫類と戦うこともあったようだ。

アノマロカリス

【アノマロカリス】圧倒的大きさ!奇妙な化石と絶滅の謎に迫る!

クロノサウルス

クロノサウルス

クロノサウルスはモササウルス類と同じ最大級の海洋棲爬虫類。胃の内容物から魚介類以外に、他の海洋棲爬虫類を捕食していたことが分かっている。名前の由来はギリシャ神話に登場する「農耕の神クロノス」であるが、別の神話に登場する「時間の神クロノス」と混同され、有名な図鑑などで「時のトカゲ」と和訳されている場合があるそうだ。

エラスモサウルス 

エラスモサウルス
DiBgd

エラスモサウルスは全長14m、首の長さ約8mにも達する巨大な首長竜。首は76個もの骨でつながっている。胃の内容物から魚類のほか、翼竜も捕食していたことが分かっている。

スポンサーリンク

かっこいい草食恐竜

スティラコサウルス

スティラコサウルス

トリケラトプスと同じ角竜類に属するスティラコサウルス。派手なフリルとフリルを取り囲むように付いた長い角(ホーンレット)が特徴的だ。全長5~7m、体重は3tに達する。

パキケファロサウルス

パキケファロサウルス
AntoninJury

石頭恐竜と呼ばれるパキケファロサウルス。その名の通り分厚い頭骨を持っていることで知られている。喧嘩の際に頭突きを行うという説が有名であるが、一部の研究者からは「頭骨の強度はそれほど高くなかった」という理由で否定されている。

ペンタケラトプス

ペンタケラトプス

ペンタケラトプスは全長8m、体重5tに達する巨大な角竜。フリルもかなりの大型で頭骨長は3mにも達する。フリルの周囲は波打っており、複数の突起がみられることも特徴的だ。

アンキロサウルス

アンキロサウルス

「連結したトカゲ」という意味の属名をもつアンキロサウルス。全長10mにも達する巨大な体格に加え、まぶたにから尾の先まで骨板による装甲を持っている。尾の先には骨質のハンマーを持っており左右に振り回すことで肉食恐竜を追い払っていた。

ケントロサウルス

ケントロサウルス
NobuTamura

「スパイクのトカゲ」という意味を持つケントロサウルス。見た目の通り剣竜類ステゴサウルスの近縁種だ。身体の側面に生えた防衛用の長いトゲは腰のあたりに生えていたと考えられていたが、中国で発見された他の恐竜から肩に生えていた証拠が得られたため、近年の復元図では肩に描かれることが多くなった。

ガストニア

ガストニア

ガストニアは全長6mほどの草食恐竜。見た目はアンキロサウルスに似ているが、尾の先にハンマーが付いていない。身体の周囲に付いた巨大なスパイクは攻撃用ではなく防御に使われたと考えられている。

スポンサーリンク

かっこいい肉食恐竜

ヴェロキラプトル

ヴェロキラプトル
Salvatore Rabito Alcón

全長2mほどの比較的小型の肉食恐竜。後ろ足に巨大な鉤爪を持っており、獲物の急所を刺突することに利用されていた。映画「ジュラシックパーク」に登場し一躍有名な恐竜となった。かつてはウロコの生えた爬虫類的な恐竜として描かれることが多かったが、近年では羽毛が生えていた鳥のような姿だったという説が有力だ。

シノサウルス

シノサウルス

シノサウルスは全長5mほどの肉食恐竜。頭部には2つに割れた特徴的なトサカがついている。ちなみに、映画「ジュラシックパーク」では、エリマキトカゲのようなカラフルなエリマキを広げて液体を吐きかけていたが、そのような化石や痕跡は見つかっていない。

スコミムス

スコミムス

全長11mに達するスコミムス。ワニのような頭部を持つスピノサウルスの近縁種だ。スピノサウルスほど長くはないものの背中に棘状の突起があり、対応調節などに使われていたとの仮説がある。

ケラトサウルス

ケラトサウルス
DiBgd

ケラトサウルスは体長約5mほどの獣脚類。鼻先に板状の隆起があり、目の上には小さな角が付いているのが特徴だ。かつては角を攻撃などに使ったと考えられていたが、現在では仲間同士での喧嘩やディスプレイとして使われたのではないかと考えられている。

ユタラプトル

ユタラプトル
Emily Willoughby

ユタラプトルはアメリカ合衆国ユタ州電話発見された全長5mほどの肉食恐竜。後ろ足には23㎝にも達する巨大な鉤爪が確認できる。脚の骨はとても強靭で、全長10mを超えるアロサウルスの2倍もの太さを持っている。

フクイラプトル

フクイラプトル
Nobu Tamura

フクイラプトルはその名の通り日本の福井県で発見された肉食恐竜だ。日本で発見された肉食恐竜で初めて全身骨格が復元された種でもある。前足に大きな鉤爪が付いているが、発見当初は後ろ足の鉤爪であると間違って復元されたためラプトルという名前が付けられた。その後の研究で他のラプトルたちよりもアロサウルスに近い種であることが分かっている。

スポンサーリンク

小さい肉食恐竜

ミクロラプトル

Fred Wierum

ミクロラプトルは鳥類に限りなく近いとされる小型の羽毛恐竜。全長は50㎝から1mほどと考えられている。鳥と異なる点としては前足だけでなく後ろ足にも翼があった点だ。4つの翼は飛行に適していたことが分かっており、実際に飛行できた可能性が高いとされている。

コンプソグナトゥス

コンプソグナトゥス
Zach Tirrell

コンプソグナトゥスは全長70~140㎝ほどの小型の肉食恐竜。胃の内容物からトカゲなどの小動物を捕食していたことが分かっている。前足の指が2本であることからティラノサウルスとの関連性も考えられていたが、現在では否定されている。ミクロラプトルなどが発見されるまで世界最小の恐竜として有名だった。

スカンソリオプテリクス

スカンソリオプテリクス
Matt Martyniuk

スカンソリオプテリクスは始祖鳥によく似た特徴を持つ鳥類のような肉食恐竜。スズメほどのサイズの幼体の化石しか見つかっていないため全長は不明なままである。他の指の2倍近く長い第三指を持っているのが特徴だ。四肢すべてが木登りに適しているため樹上で生活していたと考えられている。

スポンサーリンク

変な恐竜

プシッタコサウルス

プシッタコサウルス
Nobu Tamura

プシッタコサウルスは全長1~2mほどの比較的小さな草食恐竜。角やフリルを持たない原始的な角竜だ。成体1体と孵化して間もない幼体34体が一緒に巣にいる化石が見つかっており、子育てを行っていた可能性が高いとされている。親に対して子供があまりに多いため、他の個体の子供が入り混じるほど集まって生活していたという説もある。

アマルガサウルス

アマルガサウルス
N. Tamura

アマルガサウルスは全長10mほどの草食恐竜。50㎝にも達する首の上のトゲには帆が張られ体温調節に使われたという説のほか、防御用のスパイクとして使用されていたという説がある。

ガリミムス

ガリミムス
Andreone93

「鶏もどき」という意味の学名が付けられたガリミムス。全長4~6mのダチョウ恐竜として知られている。チーター並みの速度で走ることが出来たと考えられている。口には櫛状のフィルターのような痕跡が見つかっていることから、水辺の小動物を濾過して食べていたと考えられている。

テリジノサウルス

テリジノサウルス
Johnson Mortimer

テリジノサウルスは全長10mほどの恐竜。前足に90㎝もの鎌のような巨大な爪を持っていることから「刈り取りをするトカゲ」を意味する名前を付けられている。植物食恐竜であったとされているが明確な根拠は見つかっておらず、長い鉤爪も何のために存在したのか分かっていない。なぜこのような形に進化する必要があったのか、謎に包まれた恐竜の一つだ。

スポンサーリンク

恐竜と同じ時代を生きた古生物

始祖鳥(アーケオプテリクス)

かつて現生鳥類の祖先として有名になったアーケオプテリクス。恐竜たちの繁栄していたジュラ紀後期に生息していた生物だ。日本では始祖鳥という名前で有名であるが、現在ではアーケオプテリクスは鳥類の直接の祖先では無いとの説も有力視されつつある。

アンモナイト

アンモナイト

アンモナイトは、三葉虫などが栄えた約4億年前の古生代から、恐竜達の大量絶滅が発生した約6600万年前の白亜紀後期まで繁栄した頭足類の一種だ。モササウルスをはじめとした海洋棲の爬虫類などに捕食されていたことも分かっている。

ロンギスクアマ

ロンギスクアマ
Nobu Tamura

ロンギスクアマは全長15~25㎝程度のトカゲのような爬虫類。背中には1列の長い突起があり、木から飛び降りる際に減速を行うパラシュートの役割を持っていたと考えられている。

シャロヴィプテリクス

シャロビプティクス
Nobu Tamura

シャロヴィプテリクスは今から約2億5000万年前の三畳紀に出現した爬虫類。全長は約20㎝ほど。前足ではなく後ろ足に飛膜が張られており、高いところからの滑空が出来たと考えられている。飛行(滑空)能力を持つ爬虫類としては初期のものであり、のちに登場する翼竜との関連性が研究されている。

アーケロン

アーケロン
Nobu Tamura

アーケロンは約7500万年前に生息していたウミガメ。全長は約4mに達し、体重は2t以上と推定されている。イカなどのほかアンモナイトも捕食していた可能性があるようだ。逆にモササウルス類などからは捕食されることもあったと考えられている。

リードシクティス・プロブレマティカス

Dmitry Bogdanov

リードシクティス・プロブレマティカスは今から約1億5500万年前に生息した魚類。全長は少なくとも16m以上と見積もられており、最大ではシロナガスクジラに匹敵する全長28mに達したとの説もある。現在確認されている魚類の中では最大級のサイズであり、おそらく世界最大の魚類だ。