オキナイト

幸せを運ぶケサランパサランとは?実在した伝説生物の正体!

見つけると幸せを運ぶと言われるケサランパサラン。江戸時代以降、「空中を漂う白い綿毛がある」と噂されてきた未確認生物であり、妖怪とされることもある。

どのようにケサランパサランの噂が広がったのか?何と見間違いたのか?もしくは、本当にそんな生物が実在していたのか?真相は不明のまま。

今回は、そんな未確認生物とも妖怪とも言われる「ケサランパサラン」の正体に迫ってみよう!

実在した未確認生物!かつてUMAと呼ばれた13の動物たち

スポンサーリンク

ケサランパサランとは

ケサランパサランという物体が人々に噂されるようになったのは江戸時代以降。モコモコした白い毛玉のようなものが空中をフワフワと漂う姿が目撃されていたと伝えられている。

オキナイト
Didier Descouens CC 表示-継承 4.0

その正体は未だにわかっていない。というよりも、白くてフワフワと浮くものといっても、植物の種子や動物の毛玉、昆虫など様々な物体があり、そもそも何をケサランパサランと言っているのかが人によって異なるようだ。

ケサランパサランの名前の由来は諸説あるが、「なるようになる」を意味するスペイン語「ケセラセラ」という説のほか、僧侶が着る服「袈裟」と「勝手にふるまう」という意味の「婆娑羅」を合わせた「袈裟羅 婆娑羅(けさら ばさら)」が語源であるという説などが存在している。

別名ではテンサラバサラとも呼ばれ、海外でゴッサマー (gossamer) やエンゼルヘアと呼ばれる物体と同じものであると考えられている。

ケサランパサランの特徴

ケサランパサランは、1970‐80年代の未確認生物ブームでツチノコなどとともに一躍有名になり、当時のTVメディアなど面白おかしくケサランパサランについて報道したため、普通では信じられないような噂も広まった。

Daiju Azuma CC 表示-継承 2.5

現在ネットに広まっているケサランパサランの特徴は以下の通り。

  • ケサランパサランは妖怪。
  • 見つけると幸せになれる。
  • 箱に入れて飼育できる。繁殖もする。
  • おしろいをエサとして与える。
  • 東北地方では代々ケサランパサランを育てている家系がある。
  • 飼育していることを他人に見せると幸せが逃げる。
  • 鉱物性・植物性・動物性などの亜種が存在する。

見た目はたんぽぽの綿毛のようだとも、ウサギの尻尾のようなものとも言われており、風に乗って幸せを運んでくる・飼育することができる・妖怪の一種である…などなど様々な噂が時代とともに生まれてきたようだ。

スポンサーリンク

ケサランパサランは幸せを運ぶ

ケサランパサランは幸せを運ぶ人間に友好的な存在とされることが多い。ケサランパサランが大ブームを巻き起こした80年代当時の子供たちは自分もケサランパサランを捕まえようと探し回ったそうだ。

ケサランパサランの正体とされるオキナグサの花Qwert1234  CC 表示-継承 3.0

ケサランパサランは捕まえて桐の箱で飼育できるが、飼育していることを人に話すと幸せになれない。もしくは、年に2回以上見てはいけない。という様々なバリエーションの噂が存在する。

密閉してしまうと呼吸が出来ずに消滅してしまうため空気穴が必要で、おしろいを食べさせて成長する。大きくなると分裂して繁殖するとも言われる。

ケサランパサランは実在する?

実際に街を歩いていると白い綿毛のようなものが飛んでくることがある。これがケサランパサランだと言われたら肩透かしな気もするが、実際にケサランパサランの正体は判明しているのだろうか?

ケサランパサランの正体については1980年代に研究されつくしているが、その正体とされるものは植物の綿毛であったり、動物の毛玉であったり、鉱物の一種であったりと諸説ある。そもそも、特徴が「白くてフワフワしているもの」という大雑把なものなので、様々なものがケサランパサランとして該当してしまうのだ。

植物説

ケサランパサランの正体として最も納得できるのが、植物の一部であるという説。例えば、ガガイモという植物の種を見てみると、白い毛がモコモコと生えており、風によって空中を漂うという、ケサランパセランと同様の特徴を持っている。

ガガイモ
ガガイモの種子
Qwert1234 CC 表示-継承 3.0

他にも、アザミやオキナグサ、ブタナなどの植物の花の 冠毛が寄り集まって固まったものが正体とする説も。たんぽぽのように白い綿毛によって空中に種を散布する植物も多い。

これらの植物とケサランパセランの噂が結びついた結果、ケセランパセラン目撃談が語り継がれるようになったのかもしれない。

動物説

山形県鶴岡市の加茂水族館で展示されているケサランパサランの正体は「ワシなどの猛禽類が小動物を食べた後に排泄される毛玉(ペリット)」と解説されている。

動物のペリット
動物のペリット
gailhampshire CC 表示 2.0

その他、肉食動物に捕食された小動物の毛皮が、乾燥によって縮む際に丸まったものもケサランパサランになりうる可能性があるようだ。

また、「雪虫・しろばんば・俵虫」と呼ばれるアブラムシが白い体毛を持つことから、このような空中を飛び回る虫がケサランパサランの正体と言われることも多い。

鉱物説

ケサランパセランの正体は鉱物であるという説もある。オケナイト…別名オーケン石と呼ばれる鉱物は、フワフワとした白い毛を持つのが特徴。ケサランパセランブームが起こった1970~80年代には、この鉱物こそがケセランパセランの正体だとして報じられた。

オキナイト
Wikipedia CC 表示-継承 3.0

オケナイトの毛の正体は細いガラス状の繊維。ウサギの尻尾のような、ドラクエなんかにモンスターとして出てきそうな姿だけど、正真正銘の石。パワーストーンとしてマニアの間で人気があるらしい。

【日本のUMA】日本でも発見!各地に伝わる未確認生物一覧!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ケサランパサランの正体は?

結局、ケサランパサランの正体は21世紀になった現在でも謎のまま。

ケサランパサランという妖怪がいる。という単なる噂を聞いた人々が、白くてフワフワしたものを「ケサランパサランの正体だ!」と判断したため、噂が噂を呼びここまで有名な未確認生物になったのかもしれない。

今後もケサランパサランの正体が判明することはないと思う。だって、そこらじゅうの白くてフワフワで空を飛ぶものは、全てケサランパサランなのだから。