【ミジンコ】驚くべき生態と雑学10選!正面から見るミジンコは衝撃的だった!

子どもの時に理科の授業で勉強して以来、ほとんどの大人たちが、気にかけることすらないであろう…ミジンコ。

今日はそんなミジンコたちの、誰も知らない面白い雑学についてご紹介します。

ミジンコ

スポンサーリンク

ミジンコとは?

ミジンコは水中にフワフワと浮いて生活するプランクトンの一種で、甲殻を持つ微生物です。

小さな水たまりのような場所から巨大な湖まで場所を選ばない適応力で世界各地に生息しています。

種類によっては体長1.5-3.5mmと肉眼でも確認できる大きさを持っており顕微鏡を使って透き通った身体の各器官を確認することもできます。

ちなみに、微生物は全て単細胞生物だと思っている方も多いようですが、ミジンコは各器官が発達したれっきとした多細胞生物です。

ミジンコは正面からみると一つ目

ミジンコといえば、横から見たヒヨコのような愛らしい姿が有名です。理科の教科書で見たことがある方も多いかと思います。

横から見たミジンコには可愛らしい目が確認できるため、頭部の両側に1つずつ目が付いているようにも感じます。

しかし、実際には、正面から見てみるとこんな感じなのです。

ミジンコの目は『複眼』と呼ばれるもので、正面から見てみると左右の目が繋がっている『一つ目』であることがわかります。

スポンサーリンク

心臓はあるのに血管がない

ミジンコは外観も独特な形をしていますが、身体の内部にも不思議な特徴を持っています。なんと、ミジンコには心臓があるのに血管がないのです。

[h]が指している部位が心臓。

これは昆虫などと同じ『開放血管系』というもので、心臓の役割を担うポンプによって直接身体の隅々に血液を循環させています。

ちなみに、ミジンコは身体が透き通っているので顕微鏡で観察すると心臓も確認することができます。

【クラゲ】クラゲって動物なの?不思議な生態と奇妙な成長方法!

2017.12.26

基本はメスだけ?無性生殖でクローンを作る

私たちヒトをはじめとした多くの生物が雌雄が揃ってはじめて繁殖出来るのとは異なり、ミジンコのメスは単為生殖※を行うことで単体で子どもを作ることができます。

※単為生殖(タンイセイショク)=有性生殖が可能な生物のうち、メスが単独で子孫を残すこと。

ミジンコの雌は生息環境が好条件の場合、単為生殖によって減数分裂を行っていない卵をどんどん作り、自分のコピーとも言えるメスのミジンコを産むことができるのです。これによって個体数を急速に増やし爆発的に増殖することができます。

これだと雌のミジンコだらけになってしまいそうですが、ミジンコがスゴイのはここから。

生活している場所の水温や食料などの生息環境が悪化したり、生息範囲に対して個体数が増えすぎた場合には単為生殖によって作られる卵が減数分裂を行い『雄』が産まれてくるのです。

産まれた雄が大量に発生している雌と交接を行うことで、有性生殖による子孫を残すことができます。

閲覧注意!驚異の再生能力を持つプラナリア!生態と体の特徴

2017.12.10

スポンサーリンク

乾燥にも耐える卵を産む

メスの単為生殖によって作られた卵は急速に個体を増やすことに効果的でしたが、オスとの有性生殖によって作られた卵は少し違った役割を持っています。

雌のミジンコ。卵を背負っているのが確認できる。

そもそも、卵からオスのミジンコが産まれた時点で生息環境が悪化しているか個体数が増えすぎている状況です。ここで個体を増やすことは安全策とは言えません。

そこで、ミジンコのオスとメスは有性生殖によって耐久卵と呼ばれる分厚い皮に覆われた卵を作ります。

この耐久卵は乾燥にも耐える事ができる優れもの。すぐに孵化することはなく、周辺の環境が好条件になったのを見計らってから孵化するという特殊な性質を持っています。

ミジンコが出産する様子。

ミジンコの遺伝子は人よりも多い

もちろん、ミジンコも生物なので私たちと同じように遺伝子を持っていますが、驚くべきことにミジンコの持つ遺伝子の数は、人間の遺伝子の数よりも多いのです。

2010年、米インディアナ大などによる国際研究チームは「ミジンコの全遺伝子情報を解読した」とする論文を発表しました。

これによると、ミジンコの遺伝子は全部で約3万1000個。ヒトの約2万3000個よりも8000個も多い遺伝子を持っているそうです。

「遺伝子が多いほど複雑な身体を持っている」と想像してしまいがちですが、遺伝子の数はあまり関係ないのかもしれませんね。

危険を感じると頭が尖がる

その身体の小ささから天敵が多いミジンコですが、彼らも黙って食べられているわけではありません。

ミジンコはフカサ(蚊の幼虫)などの天敵の存在を感じとると、頭部をちょこんと尖らせるのです。

フカサに食べられまいとするミジンコなりの抵抗ですが、危険を察知してから頭部を尖らせるまでに丸1日かかる事もあるほど反応が遅い上に、頭を尖らせたところで食べられるときには食べられてしまうそう。

『質よりも数』によって繁栄してきたミジンコのちょっと悲しい生態ですね。

日本のミジンコは外来種!最初はたったの4匹

世界中に生息しているミジンコ。私たちの住む日本でもあらゆる場所で見つけることができますが、日本のミジンコは全て外来種である可能性が高いと考えられています。

東北大学大学院の研究チームは、国内300カ所以上のミジンコを採取しDNAを解析しました。

その結果、日本のミジンコは『遺伝的に北米のミジンコと近い』ことや『日本国内で有性生殖を行った形跡がない』こと、さらに『遺伝子的に4タイプにしか別れていない』ことなどがわかりました。

つまり、日本に生息するミジンコは全て『北米から何らかの理由で流入した4匹のミジンコが単為生殖(無性生殖)によって増えたもの』ということなのです。

日本最初のミジンコである4個体のうち2個体は、700~3000年以上前に日本にやってきたと予想されています。この2個体が渡り鳥などにくっついてやってきたのであればもっと多くの個体が定期的に流入するはず…。

何故日本に生息するミジンコが4タイプだけなのか、どのように日本にやってきたのかは未だにわかっていないようです。

日本のミジンコは絶滅する!?

先ほど、「日本のミジンコは全て、無性生殖によって増殖したクローンである可能性が高い」ということをご紹介しました。

もし、この説が事実であったとするならば日本のミジンコは近い将来には絶滅してしまう可能性があるそうです。

一説によると、有性生殖を行うことは遺伝子に多様性を持たせることに繋がり、寄生や病気に対する抵抗力を持つことになります。

つまり、絶対的単為生殖によって自分のコピーを作ることしか行っていない日本のミジンコたちは、新しい病気などが発生した際に一気に全滅してしまう可能性すらあるのです。

ミジンコは約1000年で集団が寿命を迎えるという計算もあります。今後、日本のミジンコに新しい遺伝子が取り入れられなければ、日本からミジンコがいなくなってしまうかもしれません。

ミジンコのお見合いをひたすら生中継した番組がある

2015年クリスマス―。動画サービス「niconico」の「ニコニコ生放送」にて、ミジンコのお見合いをひたすら中継するという奇妙な番組が放送されました。

なんでも「単為生殖しか行っていないミジンコたちを救うべく有性生殖をさせよう!」という企画らしいのですが、その放送内容が「ミジンコの交配の模様を20時間生中継する」という斬新な内容。

これによって絶滅の危機を脱することはないかもしれませんが、多くの方にミジンコに関心を持ってもらえることは良いことかもしれません。最終的には26万人もの人々が視聴したそうです。

ミジンコに関する様々な雑学をご紹介しましたがいかがでしたか?

思っていたよりも専門用語が多くなってしまいましたが、「ミジンコって奥が深いなぁー」と思っていただければ嬉しいです。

今後、ミジンコを見るたびに「こいつら絶滅しちゃうのか―・・・。」っと不思議な気持ちに襲われるかもしれませんね。

ー シェアでみんなに知らせる! ー